Russian Style Ballet Company では、

「気軽に劇場に行ける文化」​を広めたいと思っています。

ロシア第二の都市であるサンクト・ペテルブルグの歴史と芸術、

バレエに触れ、体験する旅行をしました。

このツアーに参加したR-studioの子供たちは本物に触れることで、

カルチャーショックを受け、人生において貴重な経験をすることができました。

​エカテリーナ宮殿

​マリインスキー劇場

​ネヴァ川でのクルージング

貸スタジオでのレッスン

マリインスキー劇場プリマバレリーナの指導も受け持つロシア人講師とのレッスン

​以下、ツアーに参加したR-studioの生徒、同行した父兄の感想の一部

・「私がロシアに行って学んだことは、[言葉がわからなくても、自分が必死になって

  理解しようとすれば、相手の言っていることがわかる]ということです。

  このツアーで学んだことを、バレエ以外でもどんどん活かしていこうと思います。」 

                                  (中学2年、生徒)

 

・「ロシアで出会った芸術品には心を動かされました。」(中学2年、生徒)

 

​・「絵や建物自体の迫力、広さもあって体力を吸いとられる感覚でした。」(中学2年、生徒)

 

・「私たちのすぐ前の席で、髪飾りをつけ、ちょっとおめかしした女の子が顔全体を

  輝かせて開演を待っていました。子供の頃から生の芸術に触れる機会が身近にあり、

  うらやましく思いました。」(生徒母)

 

・「[白鳥の湖]などのクラシックバレエが初演された由緒ある劇場だが、リラックスして

  鑑賞するサンクト・ペテルブルグの人々の様子を見ると、バレエ鑑賞はすっかり日常の

  一部になっていると感じた。」(生徒父)

・「コームレヴァ先生とのリハーサルを終え車中に乗り込んできた若きダンサーたちの

  表情は凛々しく輝いていた。きっと、大きな何かを体得したに違いない。

  確信に満ちた彼女たちだった。」(シニアクラス受講者)

・「・・・これらバレエ学校、劇場に対する待遇。バレエを国技と位置づける国ならではの

  手厚さだろうか?それにしても日本の有様は?新国立劇場はあるけれど、芸術に回す

  予算はほんの僅か、と改めて思う。」(シニアクラス受講者)

・「バーチャルでは感じることのできない五感すべてがフル活動で受け取り、

  魂が喜びました。これが感動なんだ、と改めて気づくことができました。」(生徒母)